ワーママ・ケアマネたきぼんの介護・子育て

ケアマネたきぼんのこころが軽くなる介護・子育て・生活のヒント

祝☆ブログ開設!!

初めまして。たきぼんと申します。

 

ずっとずっと挑戦したいと思っていたブログ。

本日無事に開設しました。

二年前からいろいろ調べていて、ID名をどうしよう、URTをどう決めよう…等々、

中々前に進めずでしたが、本日決めました(笑い)。

あんなに悩んでいたのが何だったのだろうと思うくらい、さくさくと進み。

もっと早く始めれば良かった、と思いました。思い立ったら吉日ですね。

これからは、思い立ったらコツコツと記事を書いていきたいと思います。

 

私の紹介を少し。

食品会社で商品開発の仕事に14年間従事。結婚を機に高齢者介護の世界に転職しました。一人息子を育てる働くママでもあります。

デイサービスで8年間、その後ケアマネージャーとして在宅介護勤務を経て、

現在は介護付き有料老人ホーム(介護保険では特定施設と呼ばれる施設です)にて施設ケアマネージャーとして働いています。介護の仕事は17年超!。

社会福祉の知識を得たいと、社会福祉士資格取得にも挑戦。

今後は高齢分野だけでなく、子育て支援や地域支援などにも携わっていきたいな、と考えています。

 

息子は発達障害があります。現在は自分で感情のコントロールができるようになり、他者とのコミュニケーションや生活について本人なりに工夫しながら生活できています。親の手を離れて息子が自分でできるようになるまでの、親としての悩み、葛藤、様々な経験についても記事にしたいと思います。

 

私の母は3年前に脳出血で突然倒れました。

身内が突然倒れ介護が必要になったら…。高齢者介護に携わっていながらも、

家族として悩んで進めていった介護についても紹介したいと思います。

高齢者介護分野の支援者であり、当事者でもある。そんな視点からも書きたいなと思っています。

 

私が社会福祉の現場で感じたこと、子育てと仕事の両立で感じたこと、こういう介護したいな、自分の子育てのことなどなど、体験・経験したからこその思いを記事にしていきたいと考えています。

頭の中は書きたいことがたくさん。整理しながら少しずつ進めていきます。

 

このブログを通じて、介護や子育てのヒントとなったり、少しでも子育てや介護に迷いや悩みを持つ方に役立てていただけたらと、夢はたくさん。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

施設入居 面会緩和について思う。不公平ではないの?

ケアマネたきぼんです。

 

規制のないGWが終わって、報道される新型コロナ感染者数は大きく変動なく推移しています。

安定している状況の中、勤務する施設では、面会緩和措置が講じられました。

ご家族様も入居者様も緩和措置に喜ばれています。

やっとゆっくり会える喜びは何事にも代えられません(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

しかし!!その条件にもやもやしています(;´Д`)

 

<面会の条件>

ワクチン接種3回目終了者:居室で60分間面会可能。5人まで。

・マスク着用。

・飲食不可

ワクチン接種2回目終了者:面会室で30分まで。3人まで。

アクリル板越し、2m離れて、マスク着用

・飲食不可

ワクチン未接種者:面会室で15分まで。3人まで。

アクリル板越し、2m離れて、マスクとフェースシールド着用が必須。

・飲食不可

 

①②③共通で、12歳以下の子供の面会は不可。

③ワクチン未接種の方は、面会3日以内の検体でPCR検査を実施し陰性であれば

①と同様居室で60分間の面会が可能。

 

う~ん。

ワクチン3回目まで接種している人にとっては「やったー!」という感じですが、

なんだか条件にもやもやするのは私だけでしょうか・・・。

 

・ワクチン接種の有無で面会対応を変えることが本当に感染防止につながるのか?

・孫やひ孫との触れ合いの機会を奪っていいのか?

・ウィルスを媒体するという意味では、面会者だけでなく職員も同じである。職員も家庭があり、ワクチン未接種の家族や小さな子供もいるだろう。そういう状況の中で、面会者だけがワクチンさえ接種していれば面会を優遇されるのは不公平なのではないか?

・緊急事態宣言やまん防も解除されたことで、ご家族様の行動範囲は広がり、他者との交流も復活しているだろう。感染機会は増えているなかで、ワクチン2回目と3回目の方の対応に差をつけるのは不公平ではないか?

・濃厚接触者の定義は「感染防止対応をせず15分以上接触した人」である。ワクチン未接種者でも感染防止(マスクやフェースシールド、アクリル板越し)しての面会であれば、①と同じ対応でも問題はないのではないか?

 

再開しようとしているGOTOトラベル系の施策でも、ワクチン接種3回目を優遇する施策は不平等だし、ナンセンスだと思っています。経済活性化が目的であれば、ワクチン接種の有無にかかわらず、平等に利用できる施策であるべきです。

 

今回の面会緩和についても、不平等感満載で、納得しにくい内容です。

①のワクチン3回目接種の方から感染が広がったら、どう対応するのでしょうか。

②③の方は納得いきませんよね。

 

なんだか、嫌な世の中になってきました(;´Д`)。

もやもやが止まりません。

 

 

 

母の施設から事故の報告 Σ(・ω・ノ)ノ!

母の入所している特別養護老人ホームの担当ケアマネさんから、何度も着信がある。

仕事中で出られず。もしや体調が変化したかと、メッセージを確認する。

 

「体調の変化ではありません。また明日連絡します。」

 

施設から電話があると、何かあったかとびっくりします。

急を要すること以外はアプリやメッセージでやりとりしているので、電話があると

焦ります(;^ω^)。熱が出たかな~とか、体調に変化があったのでは?など。

 

しかし今回は特に急ぎではなさそうなので、19時も超えていたし、折り返しの電話はせず、明日の連絡を待つことにしました。

 

翌日連絡をいただく。

 

なんと、母の誕生日に差し入れたお寿司とケーキを提供忘れたとのこと(´;ω;`)ウッ…

その報告と謝罪の連絡でした。

 

体調の変化や転倒などの事故でなかったことに安堵しました。

 

<状況>

差し入れを受け取った後、冷蔵庫で保管。

昼食で提供しようと、あとでフロアスタッフに申し送りをするつもりが、

急な対応が入ってそのまま申し送ることを忘れてしまった。

フロアではお誕生日のお祝いをしたが、冷蔵庫にある差し入れに誰も気づかず。

気がついたのは誕生日の翌日。消費期限は切れていた。

誕生日当日に提供できなかった・・・とのことでした( ノД`)シクシク…

 

提供忘れという事故ですね(;^ω^)

しかも記念日の家族からの大切な差し入れと手紙が届かなかった・・・。

私の勤める施設で同じことが起きたら・・・・きっと大騒ぎとなる事故です。

 

<施設の対応>

誕生日翌日となってしまったが、差し入れた食品と同じものを購入して提供したとのこと。母は喜び、お寿司は半分、ケーキは全量食べたそうです(*´▽`*)

 

丁寧に説明してくださり、謝罪と同じものを購入して提供してくださった対応に感謝です。ケアマネさんもご自身の失念を責めている様子で、すみませんでしたと、謝罪してくださいました。

こちらが恐縮してしまったくらい・・。

 

しっかり対応してきちんと連絡をくれたので、まあ翌日になってしまったのは残念でしたが、母が大好きなお寿司とケーキを届けられて、喜んで食べてもらえて良かったと思っています。

 

勤務先のリーダーにその話をしたら、

「お母さんの入居している施設は、誠実な対応をしているね。」と。

そういう細かいことも、しっかり家族に連絡しているのは素晴らしいと。信頼できるねと言われました。

 

確かにその通りです。このようなことは家族に言わなければ判明しないこと。

認知症のある母です。短期記憶保持が難しく、忘れてしまうこともあります。

例えば後日私が聞いても、「そうだったかしら?」と忘れていたかもしれません。

施設側が家族に報告しなければ、もしかしたらわからなかったこと。

 

しかし、それはしなかった。

施設での対応の誤りをはっきり家族へ報告し、心からの謝罪の言葉と、どのように対応したかを説明してくれました。

 

家族と施設との信頼関係を大事にしてくれていると感じました。

いいことはもちろん、悪いことはなおさら早く家族へ報告することが大切です。

細やかなコミュニケーションをとることで、施設と家族との信頼が深まります。

 

今回のケアマネさんの対応は、とても誠実で信頼できる対応でした。

母を安心して預けることができます( *´艸`)

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

母の86歳の誕生日(⋈◍>◡<◍)。✧♡

5月14日は母の86歳の誕生日です(*´▽`*)

 

2016年1月 79歳の冬に脳出血で倒れ、6年が経ちました。

80歳の誕生日はリハビリ病院でリハビリを頑張っている中での誕生日。

その時は脳出血後のうつ状態で、意欲の低下、笑顔の消失という状態でした。

写真を見ると、孫たちに囲まれながら、でも心からの笑顔は見られず・・・。悲しい誕生日だったことを覚えています。

 

あれから6年。

85歳の冬に、今度は新型コロナに罹患した母(;^ω^)。1月はどうも母にとってはあまりいい月ではないようです。コロナは無事に回復し、やや認知症は進んだ印象ですが、

元気に過ごしているようです。

 

新型コロナ感染防止対策で面会制限されている母が入居している特別養護老人ホーム

今年も母には会えず、職員さんへ差し入れと手紙を渡して対応をお願いしました。

大好きなお寿司といちごのショートケーキ。カットフルーツのメロン。洋菓子や和菓子いろいろ。

 

喜んでもられるといいな~。

 

以前のようにゆっくり対面で面会できる日が来るまでもう少し、今の元気を維持していて欲しいな。

 

お母さん、お誕生日おめでとう!!

 

 

 

 

入居ラッシュで忙しかった4月・・・。

2022年に入りご逝去や特別養護老人ホームへの転居など、大きく変化があった。

私の勤める介護付き有料老人ホームはなんと12室の空室となってしまった!

株式会社経営。さすがに空室が10を超えると、上層部からの圧力が半端ない。

施設長も大変そう・・・。

なんとか3月までの2名入居。空室は10室になる。

 

今月は相談員も営業も施設長も一丸となって頑張った成果で、4月半ば~4/28までに4名の新規入居が決まりました(/・ω・)/

うちの施設に決めてくださり感謝の限りですが、1週間に2名づつの入居はケアマネの私も、現場のスタッフも目の回る忙しさでした(;^ω^)業務の負担が・・・。

どれが誰の情報か・・?など、混乱してしまう一面もありました。

スタッフさんは頑張ってくれました!!

 

5月は空室6室からのスタート。

お看取りになった方や体調が悪化されている方もあり、心配な状況も続いています。

 

2021年度はかつてないほどのお看取り率でした。一年間で17人ご逝去。

老人ホームですのである程度のご逝去はありました。しかし、一年で17人という人数は本当に異常でした。特養入所などを除けば、通常のご逝去は一年で5~6人でした。

通常の約3倍のご逝去・・・。空室も出るわけです。

 

幸い新型コロナ感染者は施設では出ていませんが、2年半ほど続く新型コロナ感染防止対策で、入居者様の体力や精神力、意欲が低下してきているのが感じ取れます。

 

勤務先の施設は、家族面会は予約制で30分間、外出はフリーです。コロナ感染の心配はあるますが、施設入居高齢者の身体・精神状態を悪化させないことを優先し、家族との面会・外出を制限緩和しています。この決断はよいことだと思っています。

入院していても面会禁止であるから、この施設に入居したい!という要望もあります。

家族との交流や短時間の外出の機会は、施設入所の高齢者を元気にしてくれます。

 

特養も含めた全国の高齢者施設で、そろそろ家族面会制限を緩和してほしいと願います。直接会うことの意義は大きい。高齢者に限らず、人間はみなそう。それがはっきりわかった新型コロナ禍でした。

 

話しは逸れましたが、まだ空室6室あるわが施設。

今月も忙しいと覚悟して、仕事を頑張ります!!

 

 

 

息子16歳の誕生日(*´▽`*)

2022.4.27

 

息子の16歳の誕生日。

リクエストでステーキでお祝い♬

 

生まれた時の写真を見ながら、出産のときの思い出を話しました。

 

学校ではクラスメートからお祝いの品々が!!

ドリンクやお菓子、チーズなどなど、プレゼントをいただいたようです。

嬉しい心遣いに感激しました!!!

 

皆に祝ってもらえて嬉しい!と話していた息子。その気持ちを忘れず、お友達の誕生日にお祝いするんだよ、と伝える。

 

誕生日は大切な記念日。

自分の誕生日も友人や大切なひとの誕生日を、心からお祝いしたい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

私からのプレゼントは、手帳。

スケジュール管理やタスク管理ができるようになりますように、と願いを込めて。

 

デジタル派が狩猟だけど、私は手帳派。

やっぱり手書きが一番と思っています(^_-)-☆

書いて確認して。大切なことだと思っています。

息子もそうできるといいなぁ。

 

また食べすぎました( ´艸`)

 

 

誕生日パーティー(*´▽`*)

2022.4.17(日)

 

お陰様で無事今年もお誕生日を迎えました(*´▽`*)

健康で大きな病気もせず、今日まで過ごせたことに感謝です💛

 

バースディイブは、しゃぶしゃぶでお祝い。

いつもの#しゃぶしゃぶ温野菜さんで、食べ飲み放題を堪能♬

デザートにたどり着けないほど、お腹いっぱい・・・( ´艸`)食べすぎました。

 

 

そして誕生日当日☆

高校からの大切な友人と一緒にお祝い。

新型コロナ禍で、会うのは2年以上ぶり(;^ω^)。元気に再開できて良かった♡

 

家族からのプレゼント(⋈◍>◡<◍)。✧♡

夫からはタオル。息子からはお菓子。私の好きなお菓子をよく心得ています( ´艸`)

 

友人からのプレゼント(⋈◍>◡<◍)。✧♡

流行りのエコラップとUVアームカバー♬ありがとう!!

 

同僚からのプレゼント(⋈◍>◡<◍)。✧♡

いつもたっくさんお世話になっています。ありがとう!!

 

誕生日って本当に特別な日ですよね。

何歳になっても、私は誕生日が好き。自分がこの世に生まれてきた日。

両親に感謝です。

 

だから家族や友人や同僚の誕生日も私にとっては特別の日。

みんなが生まれてきたからこそ、こうして会えた。

メールやラインでお祝いの言葉を贈るようにしています(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

この歳も健康で、良縁にめぐまれ、穏やかに家族仲良く過ごせますように。

 

高校生弁当生活が始まる!

2022.4.7 息子の高校入学式。

4.11からお弁当生活が始まりました(;^ω^)

中学までは給食。しかも自校での調理なので出来立て!美味しい!給食の恩恵を享受していました。

 

しかし高校からはお弁当。作り慣れていない私は不安でいっぱい・・・💦

 

私は自分のお弁当はずっと作っていました。

・・・が!他者へのお弁当作りは、今まで遠足や行事の特別な時だけ。

自分は夕飯の残りを見栄え関係なく詰めていて良かったですが、さすがに息子用のお弁当はそうもいきませんよねぇ・・・。

 

初日は朝5時半に起きて作りました。しかし、なかなかごはんやおかずが冷めないので、詰められないことに気づく!!!

明日からは5時起きで作ろう・・・。

 

思えば、私は中学校からお弁当生活でした。

母は中学から大学卒業まで。そして、就職してから結婚するまでの長~い間、私のお弁当を作ってくれたのです。甘えっぱなしの私でしたが、母の作るお弁当は美味しくて、見た目もきれいで、愛がいっぱい詰まっていました。お弁当箱の蓋を開けるのが楽しみでした。

 

今度は自分が作る番になって、母の大変さや愛情や思いを感じられるようになった。

母から子へのお弁当のバトン。

決して大したものは作れなくとも、子どもを思い『お弁当を作って持たせる』ことが

大切なんだな、と思います。

 

夫はお母さんが病気がちだったことから、お弁当は本当に年に数回だったといいます。

いつもは購入したパンやお弁当だったけれど、お母さんの作ったお弁当の時は本当に嬉しかったと言っていました。毎日でなくても、お母さんの思いを感じて嬉しかったそうです♡

本当に感謝です。どんな状況でも子を思う母の思いは同じ♡

できる範囲で頑張ろうと思います。

 

息子は「美味しかったよ(^_-)-☆」と嬉しいことを言ってくれた(⋈◍>◡<◍)。✧♡

私が母からいただいたお弁当のバトンを、今度は息子へ。

 

明日からも頑張ります!!!