ワーママ・ケアマネたきぼんの介護・子育て

ケアマネたきぼんのこころが軽くなる介護・子育て・生活のヒント

国語がやや苦手な息子。学ぶ工夫。

わが息子は国語が苦手です(*ノωノ)

 

私は読書が大好きなのですが、全く似ませんでした。

幼児の頃から図書館へ行き、毎晩読み聞かせをしていたのですが・・・。

残念ながら、読書や活字はあまり得意ではないようです。

 

息子には発達凸凹はあります。

ウィスクという検査では、数学的な能力は高いけれど、国語的な能力は低いという

凸凹があります。

息子は絵本が好きで、時間を忘れるほど読んでいたのですが、

今思えば、文字を追っていたのではなく、絵を見ていたんだと思います。

絵を見てストーリーを自分なりに想像している・・・

そんな感じだったのでしょう。

 

漢字もなかなか苦手です。暗記してテストでは正解できます。

しかし、実生活で活用することは苦手なようです。

勉強として暗記することと、実際に使うことが一致していないのです。

 

このような状況も発達凸凹の特徴のようです。

 

漢字を覚えるというときに、コツコツ書いて覚える方法があります。

私もそのように覚えてきました。

息子はそれができません。何回も書いても覚えられないのです。

なぜだろうか。ずっと不思議に思っていました。どうやって覚えているのか、

見てみると・・・。

 

息子は見て覚えていたのです。

視覚情報の処理は得意です。でも文字を追うのは苦手。

テキストを読んで覚えるというより、動画や絵で記憶する方法が得意とわかりました。

 

今は幸い、YouTubeやコンテンツ動画が盛んです。

勉強にも活用ができます。学ぶ動画もたくさんあります。

 

親としては「YouTubeや、動画で勉強できるの・・・?」とついつい懐疑的になって

しまいがちですが・・・。

 

その子の特性に合った学ぶ方法でいいのだと思います。そのために便利なものを活用

しましょう!!

親の固い頭、自分の成功体験は、ちょっと横に置いておいて(^_-)-☆

 

私もようやくそういう境地になりました(;^_^A 時間はかかりましたが。

 

動画やYouTubeを使用して、息子は自分なりに覚えやすい工夫をしていました。

試行錯誤ですが、少しずつ成績にも効果が出てきています。

これには驚きでした。

 

1学期よりは2学期、中1よりは中2と、亀の歩みではありますが、少しずつ

点数が取れるように変化してきています。

 

前よりも点数が取れるようになると、本人も嬉しい。

「わかるって面白いね!」

学年末テストが終わった時に、息子が言った言葉。

 

その通り。わかるって面白いのです!!

やーーっと学ぶ楽しさが、わかってきた様子なのかな。私も嬉しいです( *´艸`)

 

小学生までは私がいろいろとアドバイスしたり、一緒に勉強をみたりしていました。

中学になると「もう、自分の好きにやらせて!!」と。親の関与を拒否。

ならば、と私も腹をくくり、あまり口出しはせず任せるようにしました。

すごーくすごーく、気になって、言いたくて確認したくてうずうずでしたが(;^_^A。

 

結果的に、本人に任せてよかったのではないか、と思っています。

 

さあ、4月からはいよいよ中学3年生!受験まで1年を切りました。

あれこれ言いたくなる気持ちをぐっと抑え、こっそり高校の情報収集をしています。

その情報収集は、息子には伝えず、私の胸の中に納めておきます。

 

自分から一歩を踏み出すまで、後ろから見守っていましょう。